歯ブラシの選び方と磨き方のポイント|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

歯ブラシの選び方と磨き方のポイント

投稿日:2020年9月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

いつも”歯磨きをしましょう!”と言っていながらそのやり方についてお話していなかったので

今日は歯ブラシ選びと磨き方のポイントについてお話します。

 

毎日使う歯ブラシですがなんとなく選んでいるという人も多いのではないでしょうか。

基本的には

・柄(持ちて部分)がまっすぐ

・毛先はまっすぐにカットされている

・毛の硬さは普通

・ヘッド(歯ブラシのブラシ部分)は小さめ

のものを基準に選ぶといいと思います。

 

柄がまっすぐのほうが持ちやすくて力の入れ具合も調整しやすく、

毛先が真っ直ぐな方が隅々まで均等に磨きやすく、

毛が硬すぎると歯茎を傷つけたり、柔らかすぎると汚れが落ちにくかったり、

ヘッドが大きいと口の奥に入りづらいためよく磨けなかったりします。

 

以上の歯ブラシ選びのポイントはあくまでも基準の選び方ですので

ご自身にあったものを選んでください。

例えば歯周病で歯茎から血が出やすいとか普通の毛先では痛みを感じるとか

うまく磨けないときは毛先の柔らかさを変えてみてください。

血液をサラサラにするお薬を飲んでいる人は

歯茎を傷つけて出血することを避けるため柔らかい毛先のものを使ってください。

他にも歯並びや歯の大きさ、お口の大きさも人によって違うので

毛先のカットや大きさも変えてみてもいいと思います。

 

次に磨き方ですが、

力強くゴシゴシ磨くと歯茎を傷つけてしまうので

優しくシャカシャカと

1歯~2歯づつ磨くつもりで小刻みに動かしましょう。

ハンマーグリップだと力が入りすぎてしまうし

細かく動かしにくいので

鉛筆持ちで持つことをおすすめします。

左上の奥歯→右上奥歯→右下奥歯→左下奥歯の順で磨くなど

歯磨きをする順番も決めておくと磨き残しもなくなるのでおすすめです。

 

磨き方などよくわからないなと感じていたり虫歯になりやすい人など、

歯磨きの仕方を一度聞いてみるのもいいと思います。

しっかりとしたやり方で歯磨きしてお口の健康を保ちましょう。

トップへ戻る