虫歯・根管(神経)治療|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

虫歯・根管(神経)治療

このページの目次

治療の際の痛みを軽減!削る、抜くを極力少なくする低侵襲な虫歯治療

低侵襲虫歯治療

歯医者が苦手……という方は、その多くが治療時の痛みを避けたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。ですが、歯科治療によって痛みが生じるというのは昔の話です。今では痛みを抑える治療法が数多く生み出され、驚くほどスムーズに治療できるのです。当院でもそういった方法を複数取り入れることで痛みを軽減し、歯をなるべく削らず抜かない保存治療を行っています。そこで痛みのない、身体への負担の少ない治療方法についてご説明致します。

【ならしのコウノ歯科・矯正歯科流】6つの無痛虫歯治療のポイント

無痛治療

ならしのコウノ歯科・矯正歯科では、以下に示す6つの方法によって、治療時の痛みを小さくしています。まったく痛まないとまではいかなくとも、ほとんど気にならない程度にまで痛みは軽くなります。無痛治療にかけては当院にお任せください。

① 表面麻酔を塗り注射の痛みを軽減

表面麻酔

歯科治療で麻酔注射を打つ時、歯ぐきに痛みが生じます。そこで予め注射をする歯ぐきに表面麻酔を塗ることで麻痺させ、痛みが感じられないようにします。これで注射も安心です。

② 極細注射針の使用

極細の注射針

注射の針は細ければ細いほど痛みが感じられません。虫刺されも刺された瞬間には気づかないのと同じです。当院で使用している33ゲージの針は、現在用いられている中でもトップレベルに細いものであり、痛みはほとんどないものです。

③ 電動麻酔器による麻酔注射

電動麻酔器

手で麻酔の注射をすると、麻酔液の量を増やす時に圧力によって痛みが生じる場合があります。そこで当院では電動麻酔器によって注射の際の圧力を調整し、痛みが生じないように工夫しております。

④ 5倍速コントラ

5倍速のコントラ

虫歯治療時には歯科用ドリルの甲高い音や振動が生じ、それが生理的に受け入れられないという患者様も多いようです。そのため当院では通常の5倍の速度で回転する切削機(コントラ)を用いることで音と振動を相当程度まで抑制します。これで歯科治療のドリルが気にならなくなったというご好評もいただいております。

⑤ 麻酔針の刺し方の工夫

麻酔針の刺し方

痛みの大きさは麻酔針の打ち方で軽減することが可能です。歯ぐきに圧力が加わることで痛みとなって感じられるため、針の刺し方を粘膜に当てるように工夫します。こうすることで痛みが和らぎます。

⑥ 予防歯科への注力

予防歯科

当院では病気に罹る前にその原因を探り当て、取り除くという予防歯科に注力することで、結果としてそもそも削ったり抜いたり注射したり、といった必要をなくすべく努めております。「無痛」での治療を徹底するのなら、病気の予防に行き着くのです。ぜひ定期検診や歯のクリーニングをお受けいただき、歯の健康を保つようにしてみてください。

【ならしのコウノ歯科・矯正歯科流】4つの歯を削らない治療のポイント

削る範囲を抑える

ならしのコウノ歯科・矯正歯科では、天然歯をなるべく削らずに残す治療を実践しています。詰め物や被せ物での補修というだけではなく、どうすれば歯をより完全な形で残せるかを考え、以下のような方法を採っております。

① 虫歯検知液による虫歯組織の視認

虫歯検知液

虫歯検知液という専用の液があり、これを虫歯に塗ることで虫歯菌に冒された組織と健康な組織とを赤い色で区別することができます。そうすればどこまでを削ればいいのかがはっきりするため、不要な部分を削ることがありません。

② エキスカ(手動)での虫歯組織除去

エキスカ

歯科用ドリル(タービン)によって虫歯を削る処置は、迅速で効率的ではありますが、細かい部分を削ったり残したりといった点には不向きです。そこでタービンを使用して削る範囲は明らかな虫歯部分だけにして、周囲の複雑な部分についてはエキスカという耳かきのような道具で慎重に削っていきます。

③ 予防歯科の重視

予防歯科

天然歯を抜かず削らないためには、そもそも歯の病気にならないのが一番です。健康な歯は削る必要も抜く必要もありません。当院では歯の定期検診やクリーニングなどを通じて、病気になる前に防ぐという考えを推奨しております。

④ 根本治療の実施

根本治療

対症療法的に痛い箇所だけを治療するという考え方もありますが、全体的に、あるいは根本的に病気となる原因を探り、改善していくという根本治療も大切です。口腔内を健康にし、その状態を常に維持することで病気の予防にもなりますし治療の必要性も大幅に少なくなります。

できるだけ削らない虫歯治療例

数年前に虫歯治療をしており、最近黒くなってきた事が気になり検診希望で来院された患者様の虫歯治療をご紹介します。治療は保険診療をご希望でした。

①虫歯

虫歯

昔に他医院にて虫歯治療をして、保険診療で入れたつめ物の周りが黒ずんでいます。

②つめ物除去

つめ物除去

つめ物を除去したところ、つめ物の下で虫歯が広がっていました。これを2次カリエスと呼びます。

③う蝕検知液の使用

う蝕検知液

う蝕検知液という虫歯のみを赤く染める薬液を使用して虫歯組織を丁寧に、完全に除去します。

④虫歯除去

虫歯除去

きれいに虫歯組織を除去したところです。できるだけ天然歯を巻き添えにしないように精密に削りました。

⑤コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填

歯科用プラスチックである保険診療素材のレジンにて修復しました(自由診療ではこれより色も保ちも良い素材を使用します)。

【ならしのコウノ歯科・矯正歯科流】4つの歯を抜かない治療のポイント

抜歯を回避

歯を抜いてインプラントなり差し歯なりにするのも一つの治療ですが、元から生えている歯をそのまま使えるなら、それに越したことはありません。抜かない治療、抜いたとしてもリサイクルする治療を当院ではご提供致します。

① 自分の歯を移植し咬み合わせを復元

移植を検討

親知らずなど、そこに生えていなくとも良い歯を移動させたり移植したりすることで咬み合わせを元通りにするという「自家歯牙移植」なる治療法があります。歯が抜けたからと行って直ちに人工物で補おうとするのではなく、まずは患者様ご自身の歯で補えないかということを検討致します。

② 歯根端切除術・再植術への対応

歯根端切除術

歯根端切除術というのは歯ぐきを切開して、歯の根元の虫歯組織などを切り取るという外科的な治療法です。他方歯の再植術というのは歯を一度抜き、虫歯組織などを取り除いてから元通りに植え直すという治療法です。歯ぐきを切って患部を露出させるか一度抜いて露出するかという違いです。あまり一般的な治療法ではありませんが、天然歯を残せるのであれば、当院では検討致します。

③ 歯周病の徹底的な治療

歯周病治療

日本人の成人の約80%は歯周病患者だといわれており、この歯周病が進行すると歯が自然に抜けてしまうか抜歯するかしかなくなってしまいます。当院ではこの事態を重く見て、歯周病の徹底的な治療を実施しております。ただ歯をクリーニングするだけではなく、歯周外科治療や歯周再生治療といった方法も駆使しながら歯周病の完治を目指します。(詳しくは歯周病のページをご確認ください)

④ 根本治療による歯の健康の維持

根本治療

歯ぐきの腫れや出血といった自覚症状が出てからの治療では、最悪抜歯の必要性も出てきます。そこでそういった問題が発生する前の段階で、患者様のお口の中に何か病気に至るような問題がないか、普段の食生活や口腔内ケアの状況はどうなのか、といった点を検査やカウンセリングによって把握し、何か問題があればアドバイスを行っていくといった根本治療も非抜歯治療に際しては効果的です。根本治療をお求めであれば当院にお任せください。

精密根管治療によって重度虫歯でも抜かずに治す

根管治療

歯の内部に通う神経や血管の穴、根管。虫歯が重度にまでなると、その根管の部分にまで細菌が感染し、やがて抜歯しなければならなくなります。そこで根管をきっちりと滅菌消毒して被せ物を装着することによって治療するというのが根管治療です。根管治療の手順としては、以下の通りです。

根管治療の手順

対象は重度の虫歯

虫歯菌の侵食度

初期段階、中期段階の虫歯には根管治療は施しません。虫歯菌が根管にまで感染した虫歯に対して行うものです。

根管の清掃

根管の清掃

細く曲がりくねっている根管を、特殊な専用道具を用いて清掃します。見落としのないように丁寧に行います。

根管の洗浄・殺菌

根管内の殺菌

清掃後の根管に特殊洗浄液を流し込み、徹底した殺菌消毒を行います。

歯科用セメントで殺菌

セメントの注入

歯科用の殺菌効果のあるセメントをさらに流し込むことで、二重に殺菌を行います。これにより根幹部分の虫歯菌の再繁殖を防止します。

セメントによる封鎖

根管の封鎖

根管に流れ込んだセメントが固まることで封鎖が行われ、再感染を防ぎます。

被せ物の装着

被せ物の装着

治療のために削った歯の上部へ銀歯などを装着し、復元を完了させます。

根管内を徹底的に殺菌するのがポイント

根管治療の精度肉眼ではその全体を捉えることが不可能な根幹部分ですが、その清掃や殺菌が不十分だと、フタをしても中で虫歯菌が再び繁殖し、虫歯となってしまいます。こうなると今度こそ歯を抜かなければならなくなるのです。つまり根幹内を徹底的に殺菌し、無菌状態とするのが根管治療の成否に関わるということです。

ところが先に述べたように根管は細く曲がりくねっており、口の中は暗いため、清掃や殺菌を完璧に行うのは困難です。

そこで当院では根管治療時に歯科拡大鏡を用いて視野を拡大することによって、精密な根管治療を行っております。加えてZOOという治療専用バキュームを使用することで雑菌の流入を防ぎ、より再感染リスクの低い根管治療を実施しているのです。

習志野市で虫歯の治療をお考えの方は、当院にお任せを

痛くない虫歯治療

ならしのコウノ歯科・矯正歯科では、虫歯治療時の痛みを最小限に抑え、天然歯を削らず抜かずに治療を行うことで、身体への負担の少ない治療を実施しております。習志野市で治療の際の痛みの少ない歯医者をお求めの方は、一度実籾駅から徒歩3分のところにある当院までご相談ください。

トップへ戻る