歯周病|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

歯周病

歯周病を完全に治すための当院のこだわりについて

歯周病

ならしのコウノ歯科・矯正歯科では、歯周病治療を特に重要視しています。なぜなら、成人の歯を失う原因としてもっとも大きいのが歯周病だからです。歯周病の特徴としては歯ぐきの出血や腫れですが、自覚症状としては乏しいものです。そのため早めの対処が必要です。当院では歯周病を完全に治すため、以下のような点にこだわっています。

予防歯科のエキスパートである歯科衛生士による担当制

歯科衛生士予防処置を担当するのは、もっぱら歯科衛生士の仕事です。歯科衛生士は歯科医師と同様に国家資格であり、虫歯の予防や歯周病の治療に関してのエキスパートといえます。

当院では患者様ごとに担当制として歯科衛生士についてもらい、患者様と共に力を合わせて予防処置を進めていきます。

2種類のスケーラーの使い分けによる丁寧清掃

2種類のスケーラー歯周病の治療においては、歯や歯ぐきを溶かす細菌を除去する必要があります。細菌は歯垢や歯石という状態で口の中にありますから、それらを取り除かなくてはなりません。そのための専用の道具がスケーラーです。スケーラーには2種類あり、それぞれ長所が異なります。

そこで当院ではこの2種類の使い分けによって歯の清掃を丁寧に進めてまいります。それぞれのスケーラーに関しては以下の通りです。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波によって振動し、歯の表面を広範囲にわたって清掃、歯垢や歯石を取り除きます。

手動ハンドスケーラー

手動ハンドスケーラー

歯垢や歯石を手動で取り除く器具で、一気に広範囲をきれいにすることはできませんが、細かく入り組んだ部分までしっかりと清掃できます。

日本では成人の約80%が歯周病患者といわれています

歯周病治療

歯周病というのは自覚症状に乏しく、罹患していてもある程度進行しないと気づきにくいものです。そのため、自分は歯の病気とは無縁だと思っていても実は歯周病患者だったという可能性があります。日本ではこのような潜在的な歯周病患者も含め、約80%もの人が歯周病に罹っているといわれています。以下にご説明するように、歯周病は歯みがきだけでは完全には予防することができません。念のためという意味でも、一度歯科検診を受診し、お口の中の状態をチェックしてみることをお勧め致します。

虫歯・歯周病対策は歯みがきだけで足りるか

虫歯や歯周病の予防

毎日歯みがきをきちんとしていれば虫歯にはならない、と教わってきて、そのように信じていらっしゃる方も多いと思います。ですがこうした毎日の歯みがきだけでは歯の病気を完全に防ぐことはできません。というのは、細菌の構成体としてのバイオフィルムという汚れがあるためです。このバイオフィルムは、歯みがきだけでは落とせません。

歯周病と他の様々な病気(心疾患、脳卒中、糖尿病)、妊娠の関係

妊婦さんに与える影響

近年、歯周病は歯と歯ぐきだけではなく身体全体の様々な病気との関連があることが研究によって判明してきました。歯周病菌が歯ぐきの血管から入り込んで全身へ周り、心疾患や脳卒中、動脈硬化といった血管の病気や糖尿病を発症させる要因となるというのです。また妊婦の場合、早産や低体重児出産といった危険性が増加することも明らかになっています。歯周病の影響は多岐にわたります。確実に予防し、健康に気をつけたいところです。

歯周病と糖尿病との相互悪化サイクルとは

歯周病の症状はインシュリンの作用の妨害を通じて血糖値のコントロールを困難にし、糖尿病を悪化させます。そして糖尿病の症状は唾液の分泌量の減少や歯周病菌への抵抗力の低下をもたらし歯周病を悪化させます。両者は互いを悪化させる関係にあるのです。

▼クリックで拡大します負のスパイラル構造

歯周病を治療するには

一般的な歯周病治療

歯周病の治療は、その進行度によって方法や難易度、身体への負担が変わってきます。最初に歯と歯ぐきの間にできた隙間(歯周ポケット)の深さを測り、その結果によって適切な治療方法を実施します。

軽度症状の場合(歯のクリーニング)

歯のクリーニング歯周ポケットがあまり深くなっておらず、歯周病の症状として軽い場合は、歯石除去のための数度の通院で完治させることができます。治療としては歯周ポケットの歯石を取り除き、歯面のバイオフィルムをきれいに除去するというもので、歯ぐきが引き締まってハリを取り戻していきます。

中度症状の場合(ルートプレーニング)

ルートプレーニング歯周ポケットがやや深くなってきており、歯周病の症状として中度の場合は、麻酔を伴う治療が必要となってきます。歯周ポケットの奥深くへと特殊な器具を差し入れ、そこに付着している歯石をきちんと取り除かなければなりません。麻酔を用いるために痛みは感じられませんが、出血はします。

重度症状の場合(歯周外科)

外科処置や歯周再生療法

歯周ポケットが相当の深さとなり、歯周病の症状として重度にまで進行している場合は、切開を伴う治療が必要となってきます。ルートプレーニングでは不十分ですので、骨が溶けないうちに歯ぐきを切り開き、歯の根元の歯石や汚れをきれいに取り除いた上で縫い合わせるということになります。こうなると治療期間が長引くだけではなく身体への負担も大きくなりますので、この段階に至る前に発見し、治療できるようにしておくことが肝心です。

生涯治療費の比較〜予防歯科受診者と痛い時だけ通院する方〜

定期的に通院

痛いときだけ通院

(出典:日吉歯科診療所調べ)

上掲の画像は、定期的に通院し予防歯科を受診していた方と、痛い時だけ対症療法的に治していた方との生涯治療費を比較したものです。痛い時だけ通院していた方のほうが80歳までの治療費推計が高くなっていることがわかります。また、歯も寿命が短く抜かなければならなくなっています。結局、定期的な予防処置を受けているほうが治療費も安く歯も健康な状態でいられるということがわかります。

年を取ってから歯の健康面での後悔をしないために

歯の後悔

(出典:雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社調べ)

このアンケートは、55~59歳までの方と70~74歳までの方への健康面での「若い時にしておけば良かったこと」に対する結果を示したものです。50代後半では3位に、70代前半では1位に、歯の定期検診が挙がっています。歳を重ねれば重ねるほど歯の健康は失われてゆき、そうなればきちんと定期検診を受けていれば、という後悔も大きくなると考えられます。こうした後悔をしないためにも、若いうちから歯の定期検診を受診なさることをお勧めします。

習志野市で予防歯科の受診を考えていらっしゃる方は、ぜひ当院へ

歯周病治療や定期検診

当院では予防歯科治療、歯周病治療を重視しており、習志野市のみではなく千葉県全域から多くの患者様にご来院をいただいております。歳を重ねても歯を健康な状態に保つためにも、ぜひならしのコウノ歯科・矯正歯科までお越しください。

トップへ戻る