つめ物・被せ物|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

つめ物・被せ物

【ならしのコウノ歯科流】見た目も噛み心地もばっちりの審美歯科

精密審美歯科

こうした歯の見た目を治療するのが審美歯科の役目です。

治療前

前歯

治療後

前歯部オールセラミッククラウン

当院の審美歯科では、見た目をきれいにし、さらに噛み心地の快適さにもこだわった治療を行います。治療の痕がわからないほど自然に仕上がりますので、歯を美しく整えたい方はぜひご相談ください。

セラミック

答えは・・・

セラミック

セラミック

当院では歯の美しさを9つの基準によって捉えます

歯の美しさ(審美性)はどのように向上させればいいでしょうか。「美しくなった」といえるためには何を治せばいいのでしょうか。その点を明らかにするため、当院では9つの基準を設定しています。

歯の形状

歯の形状

周りの歯と区別がつかないような自然な形に仕上げます。

正中線

正中の合致

顔の中心と前歯の中心とを合わせることで、バランス良い見た目にします。

スマイルライン

スマイルライン

笑顔の際に見える前歯のカーブをナチュラルで魅力的な感じに整えます。

歯の色合い

歯の色合い

天然の歯と同じようなグラデーションを再現します。

性別

性別

男女で異なる歯の大きさに合わせて設計します。

肌の色

肌の色

色白の方から褐色の方まで、肌の色にマッチした歯をご用意します。

年齢

年齢

年齢に相応しい色合いや形状を意識します。

素材

素材

アレルギーや顎の大きさなどを踏まえ、ベストな素材をご提案します。

バランス

バランス

個々の要素に加え、全体的なバランスも調整し、歯の並びを形作ります。

当院での審美歯科の治療の一例

実際にどういった治療を行うのか、具体例をご紹介致します。

銀歯の下に発生した虫歯の除去と詰め物による修復

治療例

この方の症状は、奥歯に被せた銀歯の下で虫歯が生じていたというものです。銀歯は年々劣化していくため、いくら丁寧に処置をしても歯と銀歯との間に隙間が生じます。そこへ虫歯菌が入り込むことで、虫歯が生じてしまうのです。銀歯の寿命は思うほど長くなく、4年ほどとされています。本件では銀歯を外した上で虫歯を取り除き、今度はセラミックを詰め物として用いました。セラミックは銀歯よりも寿命が長く、しかも見た目にも目立たないという特長があります。

歯の隙間を治すラミネートベニア治療

治療例

この方は前歯に空いた隙間が長年の悩みだったとのことで、ラミネートベニア治療を実施致しました。この治療法は、つけ爪のようにラミネートベニアというセラミック製の歯を貼り付けるというものです。被せ物と異なるのは、あくまでも貼り付けるだけなので歯をあまり削らなくてよいという点です。剥がれないのかという心配もあるかも知れませんが、これについては半永久的に接着固定するので問題ありません。また、セラミックは変色もしないために見た目の美しさも劣化しません。

優れた腕の歯科技工士との連携による質の高い審美歯科

歯科技工士

歯の治療で使う補綴物(詰め物や被せ物)は、歯科技工士という専門の技術者が製作しています。銀歯やセラミック製の歯を作るには高度な専門知識と技術が必要なため、誰にでもできるというわけにはまいりません。そこで当院は熟練の腕を持つ経験豊富な歯科技工士の所属する埼玉の歯科技工所と提携することで、精密に形作られた補綴物を患者様へご提供することを可能としました。歯科医師による診察と綿密な下準備に加え、完成度の高い補綴物をご用意することで、初めてクオリティの高い審美歯科治療を行えるのです(歯科技工士・堀口の紹介はこちら)。

製作経験豊富な熟練の歯科技工士による立ち会い

患者様のご希望がございましたら、当院の提携する歯科技工所から技工士を呼び、設計や色合わせなどに関する打ち合わせや立ち会いを行ってもらうこともできます。

歯科技工士

現場で患者様のお口を直接確認することで、よりマッチする補綴物を製作できます。

コンマ1mmの世界で調整

色合いの微妙なグラデーションや細部の形、コンマ1mmの形成にもこだわります。

一つ一つ手作業

歯の一本一本を手作りすることで、完成度を高めます。

患者様の体質や口腔内の状態に合った最適素材の選択

体質や噛み合わせも考慮補綴素材を選ぶ際に、保険適用の範囲内か自費診療かという問題がありますが、保険適用の範囲内の素材では審美性や機能性といった面でやや限界があります。

当院では患者様にご満足いただけるように、その患者様の病状や体質などを考慮してもっとも適していると思われる素材をご提案しております。たとえばアレルギーの有無などにより、相応しい素材は患者様ごとに異なるためです。

素材のご提案はご予算に合わせて

患者様に納得、ご満足いただけるように、素材のご提案は予めご負担いただける費用をうかがった上で行います。もちろん保険適用の範囲内での審美歯科をご受診いただく場合でも、ベストと考えられる素材をお選び致します。

口腔内の機能性を高めるための6つのポイント

機能性の向上口というのは単に話したり食べたりというだけではなく、身体の成長や生命維持に必要な栄養分を摂り入れるための器官という意味で重要な役割を有しています。また咬み合わせが適切かどうかは体調にも影響を及ぼします。咬み合わせが悪いことで、頭痛や肩こり、腰痛、顎の痛みといった各種の症状が表れることもあります。

見た目を整える審美歯科治療といえども、咬み合わせという機能面を無視することはできません。そこで当院では以下の6つのポイントを心掛けております。

事前に虫歯や歯周病を治療

初期治療の徹底

詰め物や被せ物を装着する前に、まずはお口の中を健康な状態にすることが重要です。そのため事前にそれらの治療をしっかりと行います。

咬み合わせの調整

認定医の噛み合わせ調整

咬み合わせは特に重要なため、1mmの単位にまでこだわって調整します。

型取りへのシリコンの使用

型取りでのシリコン使用

精巧かつ正確な型取りを行うため、専用のシリコンを用います。

ワックスアップ(形成)

ワックスアップ

シミュレーションイメージを作ることにより、補綴物の精度を高めます。

精巧な仮歯の作成

仮歯の精度

仮歯も天然歯に近づけることで、咬み合わせを整える準備を行います。

歯肉圧排による装着

歯肉圧排(しにくあっぱい)

補綴物の装着は歯肉を押し下げて行い、ピッタリと合わせます。

習志野市で歯のつめ物・かぶせ物をお求めの方はお気軽にご相談ください

質の高い審美歯科

当院では見た目と機能面を共に重視した補綴物の作製を行っております。機能面にこだわることで健康も増進し、補綴物自体や治療効果の長持ちにも繋がります。被せ物や詰め物が外れた、銀歯が経年劣化したので換えたい、といった問題やご希望がある方は、ならしのコウノ歯科・矯正歯科までお気軽にご相談を。

トップへ戻る