歯科治療と金属アレルギー 治療と対策|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

歯科治療と金属アレルギー 治療と対策

投稿日:2021年1月15日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

実籾駅から徒歩1分にあるならしのコウノ歯科・矯正歯科です。

 

金属アレルギーというとピアスやネックレスで何か症状がおこるもの

と思っている方もいると思いますが、

歯科治療に使われる材料でも金属アレルギーになることがあります。

 

金属アレルギーとは、原因となりやすい金属

まず金属アレルギーとは何かを簡単に説明します。

アレルギーは何らかのタンパク質に対して体の免疫機能が過剰に反応して起こります。

アレルギーの原因物質をアレルゲンといいます。

金属アレルギーは金属が原因となるアレルギーということです。

 

金属そのものがアレルギーを引き起こすのではなく

金属イオンが汗や唾液などの体液に溶けそれがタンパクに結合することで

アレルゲンとなります。

そのため金属アレルギーはだれでも起こるものではなく

汗をかきやすいかや皮膚の厚さ、免疫反応の起こりやすさ

などにより人によって違います。

 

金属アレルギーになりやすい金属は

ニッケル、コバルト、クロム、パラジウムなどが知られています。

金属にはイオン化傾向というものがあり溶けだしやすい金属など

種類によって違いがあります。

 

歯科治療と金属アレルギー

歯科では銀歯にはパラジウムが使われていたり、

矯正のワイヤーにはニッケルが使われています。

歯科で使われているこれらの金属は唾液に溶けだしタンパク質と結合して

アレルゲンとなることがあります。

アレルゲンとなったタンパク質は血流にのって運ばれていくので

首や手など離れたところで症状が起こる場合もあります。

金属アレルギーの症状としては赤みや腫れ、

かゆみといったものがありますが

金属アレルギーかもしれないと感じたら

皮膚科など専門の病院で検査してもらいましょう。

治療としては可能ならば原因物質の除去が一番ですが

ステロイド薬などで治療が行われます。

 

歯科では金属アレルギーに対して

原因金属の除去や

アレルギーになりにくい材料の使用などで対処します。

ならしのコウノ歯科・矯正歯科では金属アレルギーに対応した治療が可能です。

金属を使わない材料での詰め物、かぶせ物の処置や

従来のワイヤーではなくマウスピースでの矯正も行っています。

患者様それぞれに合った治療を行っていますので

安心してご来院、ご相談ください。

トップへ戻る