フッ化物配合歯磨剤。歯磨き粉は一回にどのくらい使うの?|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

フッ化物配合歯磨剤。歯磨き粉は一回にどのくらい使うの?

投稿日:2021年9月9日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

実籾駅から徒歩3分にあるならしのコウノ歯科・矯正歯科です。

 

普段何気なく使っている歯磨き粉。どのくらい使うのがよいのでしょうか?

歯みがき粉にはとても多くの種類がありますが

虫歯予防を目的とするならフッ化物配合歯磨剤の使用をお勧めします。

フッ素は歯の虫歯抵抗性を高めてくれます。

 

使用量の目安としては

歯の萌出~2歳までは子どもの切った爪程度

 

3~5歳までは5mm程度

6~14歳までは1cm程度

15歳以上は2cm程度 

です。

 

たくさんつけると爽快感があり磨けた気がしますが

つけすぎには注意しましょう。

歯みがき粉には発泡剤が含まれているものが多く

口の中が泡だらけになってしまって早く歯磨きを終わらせてしまうなど

実際にはあまり磨けていないことや

歯磨き後に歯みがき粉を吐き出すために何度もうがいをしなければならないため

フッ化物が歯に残らずすべて吐き出されてしまうなど

せっかくフッ化物配合歯磨剤を使っていても

効果が十分に発揮されません。

歯みがき粉は適量使って、歯磨き後のうがいは1回にすることが理想的です。

 

フッ化物は取りすぎると歯が白濁してしまう歯のフッ素症になってしまったり

取りすぎはよくありません。

お水を吐き出せない低年齢児にはスプレーやジェル、泡タイプのものもありますので、

適切に使って虫歯をしっかり予防しましょう。

 

フッ化物の利用は歯磨剤だけでなく

フッ化物の歯面塗布などと併用して行うことが効果的です。

当院では予防処置にも力を入れて行っています。

虫歯になってからではなく

虫歯にならないために定期的に虫歯予防のために通院することをお勧めします。

 

トップへ戻る