小児に見られる前歯部の隙間 大人の歯に生え変わるときのすきっ歯は正常です!|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

小児に見られる前歯部の隙間 大人の歯に生え変わるときのすきっ歯は正常です!

投稿日:2020年11月8日

カテゴリ:スタッフブログ

実籾駅から徒歩1分にあるならしのコウノ歯科・矯正歯科の歯科医師名倉です。

以前乳歯列に見られる生理的な歯の隙間についてお話したと思いますが

大人の歯が生えて来た頃に見られる生理的な歯の隙間についてお話します。

 

大人の歯は6歳頃から生え始め、

12歳ころにすべて生え揃います。

まず永久歯の萠出順序についてです。

永久歯は通常

上の歯では 6→1→2→4→3→5→7

下の歯では 6→1→2→3→4→5→7

の順で生えてきます。

※個人差があるので必ずこの順とは限りません。

 

前歯が生え始めた頃は一時的に前歯の間に隙間が空きます(正中離開)。

これをみにくいあひるの子の時期(Uglr duckling stage)と呼びます。

これは不正咬合、すきっ歯と呼ばれるような状態ではなく

誰にでも見られる正常な空隙です。

隣の歯が生えてくるとだんだん隙間は閉じていき

犬歯(3番)が生えてくると隙間はなくなり

きれいな歯並びになっていきます。

 

お子さんの歯並びでこの時期の隙間を気にされる方もいらっしゃいますが、

これは誰でもなる正常な歯並びですので

心配しなくて大丈夫です。

 

しかし稀に過剰歯が存在していて正中が閉じない場合もありますので

隣の歯が生えてきても隙間が変わらない、隙間が広すぎるなど

なにか心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。

トップへ戻る