どうして虫歯になるの?~虫歯の因子~|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

どうして虫歯になるの?~虫歯の因子~

投稿日:2020年8月18日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

虫歯になるから歯を磨こうと言われると思いますが、

どうやって虫歯になっていくか知っていますか?

今日は虫歯になる因子についてお話しします。

虫歯の因子は ”細菌””宿主””食事””時間” の4つがあります。

 

お口の中には虫歯の原因菌がいます。

この細菌が”食事”で取る食べ物に含まれている糖分を栄養として増殖し

プラークと呼ばれる粘着性の物質を作り歯にくっつきます。

それと同時に酸を作り出し、

この酸により歯の表面のカルシウムイオンなどが溶け出していきます(脱灰といいます)。

宿主とは細菌が住み着いている私達のお口の中を指しますが

お口の中の唾液により酸は中和され、

カルシウムイオンなどが歯に戻っていきます(再石灰化といいます)。

この脱灰と再石灰化のバランスが崩れると歯に穴があいて虫歯となっていくのです。

これらに時間が加わり虫歯は進行していきます。

 

この4つの因子が合わさって虫歯は作られてしまいます。

だから、食べたら歯磨きをしなければいけないのですね。

ご自身ではしっかり磨いていても、うまく磨けていない場合もありますので

一度歯磨きの仕方を聞くのもいいと思います。

本院では予防にも力を入れていますので、一度ご相談ください。

正しい歯磨きと定期的なチェックをして虫歯にならないようしましょう。

 

トップへ戻る