歯の間もお掃除しましょう|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

歯の間もお掃除しましょう

投稿日:2020年10月7日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

お口のお掃除をするブラシには歯ブラシだけでなく

歯と歯の間をお掃除するために使う道具もあります。

 

お口の中の汚れは歯ブラシだけでは落とし切ることが難しいので

できるだけ歯間専用の道具を使ってお掃除することをおすすめします。

 

歯と歯の間の掃除をするために使うのがフロス、(糸ようじ)、歯間ブラシですが、

色々あって何を選べばよいか迷ってしまいますね。

 

フロス、糸ようじは歯と歯の間に隙間がない健康な歯に使います。

歯と歯の間に隙間がなくても

お肉や野菜の繊維など食べ物が詰まってしまっていることもあったり、

少しずつ歯垢が溜まっていってしまうので

毎日お掃除するのが理想的です。

お子様の仕上げ磨きに一日1回でもいいので使えるといいと思います。

 

歯間ブラシは歯と歯の間が開いてしまっている場合のお掃除に使います。

歯間ブラシには様々な大きさや形がありますが、

隙間の大きさに合わない大きいブラシを使用することは

歯茎を傷つける原因となりますのでご自身の隙間にあった物を使いましょう。

I字型、L字型など前歯、奥歯によって使いわけます。

 

いろいろな種類があり迷ってしまうと思いますが

いくつか試してみて使いやすい物を選ぶのがいいと思います。

使いにくくて続かなくなってしまっては良くないので

診療のときなどにご自身の歯にあったものを聞いてみるのもいいと思います。

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る