矯正治療中の歯磨きの重要性|習志野の歯医者|実籾駅1分の、ならしのコウノ歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー

バリアフリー

無料駐輪場・駐車場

マウスピース矯正歯科・インビザライン

お問い合わせ・ご相談

矯正歯科専門医による歯並び矯正無料相談受付中

047-409-9989

千葉県習志野市実籾4-3-1 米倉ビル1F 実籾駅1分

矯正治療中の歯磨きの重要性

投稿日:2020年8月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

今日は矯正治療中の歯磨きについてお話します。

矯正治療中は普通の状態より歯磨きがしにくくなるのでより歯磨きが重要になります。

 

歯に固定しているワイヤー矯正(ブラケット矯正)では歯に直接装置がついているので、

装置と歯の境や歯と歯の間もいつも以上に汚れが溜まりやすくなります。

 

取り外しのできるマウスピース矯正(インビザライン)でも、

取り外しして歯を磨けるので問題なさそうに思えますが、常に装置が歯を覆っていることにより

自浄性が悪くなり、汚れが溜まりやすくなってしまうので毎食後の歯磨きは重要です。

 

他にもいろいろな装置が使われることがありますが、

矯正治療をしてきれいな歯並びにして歯磨きもしやすくなるはずなのに

治療中に虫歯になってしまったら矯正治療もうまく進まなくなってしまいます。

矯正治療中もしっかり歯磨きをして素敵な歯並びを目指しましょう。

患者様それぞれに必要な適切な歯磨きの仕方は口腔衛生のプロである歯科衛生士さんがしっかり教えてくれます。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る